Japan Desk

ASEAN just fits the best for Japan…The political relationships are better, growth is there, proximity is there.” (Mixo Das, equity strategist, Nomura Singapore, 2016)

Over the years, Japan has become the second-largest trading partner for ASEAN, witnessing the growing expansion of Japan organisations in the region across numerous industry sectors, notably manufacturing and infrastructure.

ASEAN’s 10 member states are diverse in terms of regulatory systems, economic development, the challenging enforcement and dispute mechanisms, bureaucracies and language difficulties pose as common challenges facing Japanese corporations.

Supported by a team of Japanese advisors and local consultants with a deep understanding of the cultural sensitivities and expectations of both Japanese clients and ASEAN member states, ZICO’s Japan desk is well equipped with local insights and extensive experience to provide business advisory to all Japanese organisations advancing into ASEAN.

At ZICO, we have been working with Japanese companies since the start of their expansion into the ASEAN region. Our teams have been servicing numerous Japanese conglomerates (Keiretsu) and companies in various industry sectors such as manufacturing, financial, transportation, and energy throughout ASEAN member countries.

「ASEANは日本にとって最も適した投資先である。…政治上の関係は改善しており、成長が見込まれ、地理的にも近接している。」(Mixo Das氏(Nomura Singaporeエクイティ・ストラテジスト)、2016年)

長年にわたり、日本はASEANにとって第二位の貿易相手国となっています。ASEAN10か国において、幅広い業界の日本企業の進出が増加しており、特に製造業及びインフラ業界からの進出が顕著です。

日本企業がASEANに進出するにあたっては、一般に、規制、経済成長、執行・紛争処理制度、官僚機構、言語の壁といった問題に直面することとなります。そして、これらの問題については、ASEAN10か国において、それぞれ状況が異なっています。

ZICOジャパンデスクは、日本人のアドバイザー及び現地コンサルタントから編成されるチームを擁しています。これらのチームメンバーは、現地の文化、並びに、ASEAN各国に進出しようとする日本企業のクライアントが期待するものについて、深い理解を有しています。ZICOジャパンデスクは、ASEANに進出するあらゆる日本企業に対してビジネス上のアドバイスを十分に提供できるだけの、現地の実務に関する知見、及び、広範な経験を有しています。

ZICOは、日本企業がASEANに進出を開始した当初から、日本企業に対してアドバイスを行ってきました。ZICOは、日本のコングロマリット(系列企業)、及び、製造、金融、運輸、エネルギーといった多様な業種の日本企業に対して、ASEAN全土でサービスを提供しています。